パナソニック テレビ 画質調整, 横浜 ランチ ホテル, 彼氏できるか 2020 タロット, 移動販売車 中古 ピザ, マキタ 掃除機 通販生活 修理, 漫画おすすめ 2019 完結, 文学賞 最終選考 連絡, 5ch ベストアニメランキング 2017, 年収 250万 家, ガンバの大冒険 ノロイ 最後, " />

ベートーヴェン ピアノ ソナタ 1番 解説

ブログを報告する, 〝ピアノの新約聖書〟の第1章。ベートーヴェン『ピアノ・ソナタ 第1番 ヘ短調 作品2の1』, ベートーヴェンの記念すべき「作品1」。『ピアノ三重奏曲 作品1 第1番 変ホ長調』, 祝!生誕250周年。行け、若きベートーヴェンよ、未来に向かって。『八重奏曲(オクテット)』『ロンディ…, 値引き販売された1作目。ベートーヴェン『ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 作品19』, ベートーヴェンが鍵盤上で目指したものとは。『ピアノ・ソナタ 第2番 イ長調 & 第3番 ハ長調 作品2-2,3』. 著者名: 横原千史. ベートーヴェンのソナタの動画を集めました。ライブ演奏もあります。 ベートーヴェンピアノソナタ第2番の解説は こちら ピアノソナタ第5番 ハ短調 作品10-1は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲したピアノソナタ。 日本では滅多に呼ばれることはないが、同じくハ短調で書かれた第8番『悲愴』と比較して『小悲愴(Little Pathétique)』の愛称で呼ばれることもある。 ピアノ・ソナタ 第7番 ニ長調 作品10の3 <disc3> 8. ジャンル名: 評論・伝記. ベートーヴェンの時代は、ピアノの1番の移行期ではないでしょうか。ベートーヴェンは大の新しいもの好きで、(例えば新しいiPhoneがでたらすぐ買うような)どんどん新たなピアノに興味を示していました。 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Järvi, 1962年- ) 演奏:ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団(ドイツ・カンマーフィルハーモニー・Die Deutsche Kammerphilharmonie Bremen) ベートーベンのピアノソナタ第1番は、コンクールの課題曲によく使用される曲です。 今回ご紹介する第1楽章は、ピアノソナタ初期の作品でありながらベートーベンらしさが全面に感じられます。 短調ですが暗いイメージではなく、なぜか・・・ ピアノソナタ第13番 (ベートーヴェン) ... 彼女の夫であるヨーハン1世はピアノソナタ第21番 の ... 本項は曲を4楽章構成として解説するが、3楽章を終楽章の序奏とみなして全体を3 楽章構成ととらえる場合もある 。 第1楽章 Andante 2/2拍子 - Allegro 6/8拍子 - Tempo I 2/2拍子 変ホ長調. A lecture by András Schiff on Beethoven's piano sonata op. ベートーヴェン ピアノソナタ 第5 番 ハ短調 op.10-1 第1楽章 Sonate für Klavier Nr.5 c-moll Op.10-1 1st movement . 定価: 2,420円(税込) サイズ: a5. ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim, 1942年-) アルゼンチン出身の、ユダヤ人ピアニスト・指揮者(現在の国籍はイスラエル) 神童として名をはせ10代の頃からピアニストとして活躍すると、20代半ばからは指揮者としても活躍する。 パリ管弦楽団、シカゴ交響楽団、ベルリン・シュターツカペレの音楽監督なども歴任。 オペラ部門、室内楽部門、管弦楽曲部門、ソリスト部門、ベスト・クラシック部門などでグラミー賞を受賞。 ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 作品13《悲愴》、 9. ベートーヴェン ピアノソナタ 第2 番 イ長調 op.2-2 第1楽章 BEETHOVEN Sonate für Klavier Nr.2 A-Dur Op.2-2 1st movement . 初版日: 2013年12月10日. ステップレベル:発展3, Copyright 1996-2019 PianoTeachers' National Association of Japan, を作曲、出版していたが、作品番号(Opus-Zahl)づけがなされる本格的なソナタの創作に着手したのは1792年にヴィーンでハイドンに師事するようになってからのことである。1793年にハイドンがイギリスへの演奏旅行に出発すると、ベートーヴェンはおそらくボン時代から暖めていたであろう作品の創作に着手する。このソナタもそうしたものの1つで、第2楽章の主題が. ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim, 1942年-) アルゼンチン出身の、ユダヤ人ピアニスト・指揮者(現在の国籍はイスラエル) 神童として名をはせ10代の頃からピアニストとして活躍すると、20代半ばからは指揮者としても活躍する。 パリ管弦楽団、シカゴ交響楽団、ベルリン・シュターツカペレの音楽監督なども歴任。 オペラ部門、室内楽部門、管弦楽曲部門、ソリスト部門、ベスト・クラシック部門などでグラミー賞を受賞。 ベートーヴェンが半年をかけてウィーンからボヘミア地方とプロイセンに旅行した1796年半ばに第1番・第2番共に作曲された(作品5)。初演はフランスのチェロ奏者デュポール兄弟とベートーヴェン自身のピアノで行なわれた。 ピアノソナタ第24番 (ベートーヴェン) ... 大木, 正興『最新名曲解説全集 第14巻 独奏曲I 』音楽之友社、1980年。ISBN 978-4276010147。 楽譜 Beethoven: Piano Sonata No.24, Breitkopf & Härtel, Leiptig; 外部リンク. ウィーンに来て、リヒノフスキー侯爵邸に迎えられた若きベートーヴェンは、たちまちのうちに、侯爵邸だけでなく、あちこちの貴族のサロンで引っ張りだことなりました。, ベートーヴェンは、まずはピアノの即興演奏を得意とするヴィルトゥオーゾとしてウィーンの聴衆の前に現れたのです。, 貴族たちは、ピアニストたちにテーマを与えて、それをどれほど見事に変奏するのかを競わせて楽しんでいました。, 現代のピアニストのように、誰かが作曲した楽譜通りに上手に弾くのではなく、即興で作曲していく技量が求められたのです。, ウィーンにはすでに、モーツァルトの弟子でライバルとも友ともなったヨハン・ネポムク・フンメル、司祭のヨーゼフ・ゲリネックほか、ヨーゼフ・ウェルフル、ダニエル・シュタイベルト、イグナツ・モシェレスといった人気のあるピアニストが何人もいました。, ベートーヴェンは彼らと弾き比べをやらされましたが、ことごとく相手を打ち負かしました。, モーツァルトも、1781年に皇帝ヨーゼフ2世の御前でクレメンティと弾き比べを行い、皇帝から『クレメンティは技巧だけだが、モーツァルトには趣味がある。』と評されて勝利しましたが、ベートーヴェンの勝ちっぷりはより圧倒的で、破壊的でもありました。, 弟子ツェルニーによると、ツェルニーの父がある日ゲリネックに会ったとき、彼は『明日はよそから来た若僧ピアニストと試合をするんだが、軽くやっつけてやるぞ!』と意気込んでいたということです。, 翌日、試合が終わったゲリネックにツェルニーの父がどうだった?と聞くと、彼はすっかり打ちひしがれていて、『あいつは人間じゃない。悪魔ですよ。奴は我々がこれまで思ってもみなかった至難の技と効果を発揮したんです…』と語りました。, ベートーヴェン自身も、ボンのエレオノーレ・フォン・ブロイニングへの手紙の追伸に、次のように記しています。, わたしが一夕ファンタジーレンするようなことがありますと、わたしの特徴をくまなく書き留めておいて、次の日には自分のだと自慢する奴がこのウィーンにざらにいますが、これまでそんなのに出くわしていなかったら、決してこうした曲を作らなかったでしょう。今度は彼らがこれらの曲を近く出版物にしそうだということが判ったので、先手を打つことにしたのです。なおもうひとつの訳は、当地のピアノの先生たちを困らせてやろうと思ったのです。彼らの多くは私の仇敵です。彼らはあちこちでこの変奏曲を弾いてくれと請われても、この紳士方はうまく弾けないだろうということがわたしには判っているのです。だから、こういうやり方で仕返ししてやろうと思ったのです。*1, 即興演奏は、その場限りで消えてしまいますから、それをメモって自作と偽って出版する輩がたくさんいる、というのです。, ベートーヴェンは、その先手を打って出版してしまい、しかも、それは他のピアニストが弾けないような難易度にしてやる、というわけです。, このように、当時のピアニストは、モーツァルトもそうでしたが、作曲もできるプレイヤー、ということで、今でいうシンガーソングライターに近い存在でした。, しかし、ヨーロッパ一の腕前をもつベートーヴェンがやりたいのは、演奏よりも作曲でした。, そこで手掛けたのが、華やかな技巧を競う変奏曲と違い、音楽による文学作品ともいうべき、論理的に構築されたソナタでした。, ピアノ・ソナタは、少年の頃にすでに『選帝侯ソナタ』を手掛け、驚くべき境地に達していますが、ウィーンでの学習の成果をつぎ込んで世に問うたのが、3曲セットの『ピアノ・ソナタ 作品2』です。, 収められたのは、ピアノ・ソナタ 第1番 ヘ短調、第2番 イ長調、第3番 ハ長調の3曲で、いよいよ〝ピアノの新約聖書〟と讃えられるベートーヴェンのピアノ・ソナタのはじまりです。, ちなみに〝ピアノの旧約聖書〟といわれるのはバッハの『平均律クラヴィーア曲集』で、そう呼んだのは、いわゆる専門の指揮者のはしりで、名ピアニストのハンス・フォン・ビューロー(1830-1894)です。, 栄光の『作品1』は、パトロンであるリヒノフスキー侯爵に献呈しましたが、この『作品2』は師のハイドンに献呈されました。, 3曲それぞれが異質の性格をもっており、ふつうセット出版の際に意識される統一性はあえて意識されていないように感じます。, ただ、共通点は、ハイドンやモーツァルトのピアノ・ソナタに例のない4楽章をとっていること。, ベートーヴェンはまだシンフォニーを書いていませんが、ピアノでシンフォニーに匹敵する内容を表現しよう、という野心がこの曲集にあふれているのです。, Ludwig Van Beethoven:Piano Sonata no.1 in F minor, Op.2-1, ヘ短調という、ハイドンもモーツァルトもピアノ・ソナタでは使わなかった異例の調性を選んでいますが、これはすでに13歳のときの『選帝侯ソナタ』で挑戦済みでした。そして、この悲劇的なたたずまいは、後年の『アパッショナータ(熱情)』につながっていきますので、ベートーヴェンにとっては格別の思い入れがあったと思われます。いずれにしても、フラットが4つもある難しい曲はアマチュアの貴族の子弟向けではなく、プロ向けの作品であること物語っています。, 第1主題はモーツァルトの『ト短調シンフォニー』の最終楽章に似ています。〝昇って下がる〟テーマに対して、対置される第2主題は逆に〝下がって昇る〟形になっており、前者はスタッカート、後者はレガートで、両者の対立から物語が始まるソナタ形式の典型を示しています。展開部ではこの第1主題と第2主題がせめぎ合い、手に汗握る緊張感が走ります。そして再現部では変イ長調だった第2主題は短調に変わり、両者は和解に至って、完結で力強いコーダで締めくくられます。古典的均整美にあふれた見事な構成です。, 第1主題は、ボン時代15歳のときに作曲したピアノ四重奏曲 ハ長調 WoO36の第2楽章のものです。大人っぽい静謐な主題は、ベートーヴェン自身も気に入っていて、ウィーンの聴衆にも自信をもって披露できると考えたのでしょう。この楽章だけ長調ですが、主音のヘ長調で、全楽章がヘ音で統一されているのはバロックのコンチェルトを思わせるくらい古風でもあります。第1主題と第2主題がかわるがわる変奏され、詩情豊かに歌います。, 表示通り、典雅なメヌエットのように始まりますが、そこはベートーヴェン。いきなりのフォルテで、スケルツォの趣きを持たせています。ヘ長調のトリオは遠い日々を懐かしむかのように心に沁みる響きです。, 優雅な第3楽章で油断していたら、いきなりの嵐に見舞われたような気分になります。劇的な迫力はまさに、あの月光ソナタの第3楽章のはしりといえます。ヘ短調の第1主題はメロディではなく和音の連打であり、第2主題はハ短調で3連符がめまぐるしく走ります。中間部には、台風の目のように変イ長調の優しいテーマもまるで第3主題のように仕込まれていて、ソナタ形式にロンドの性格を持つ凝った作りになっています。短調のピアノ・ソナタはハイドンにもモーツァルトにもあり、それぞれに劇的、情熱的ですが、ベートーヴェンのものとは違います。何度も書いていますが、ベートーヴェンの初期の作品はハイドン、モーツァルトの模倣ではありません。むしろここにこそ、彼の個性があふれているのです。, 【Apple Music のおすすめ】ブログ中の 試聴プレイヤーは、Apple Music会員としてログインすると全曲を聴くことができます。Apple Musicは、完全に広告なしで、オンラインまたはオフラインで5,000万曲以上を聴くことができます。特にクラシックの収録曲は充実しており、同じ曲を様々な演奏者、録音で聴き比べることができ、CDを買うより相当にお得です。料金は定額制で学生¥480/月、個人¥980/月、ファミリー¥1,480/月です。, 当サイトはGoogle及びGoogleのパートナー(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。, DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。, お客様は下記のGoogleアカウントの広告設定ページで、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info のページにアクセスして頂き、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。, その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。, suganneさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 作品27-2はドイツの作曲家、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)が1801年に作曲したピアノソナタです。 作品番号が27-2となっているのは、この作品が1802年に出版された際にピアノ・ソナタ第13番と対の作品として発表されたためで、ピアノ・ソナタ第13番が作品27-1、第14番が作品27-2となっています。 この2つの作品にはベートーヴェン自身が「幻想曲風ソナタ」(Son… Amazonで横原千史のベートーヴェン ピアノ・ソナタ全作品解説 (叢書ビブリオムジカ)。アマゾンならポイント還元本が多数。横原千史作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またベートーヴェン ピアノ・ソナタ全作品解説 (叢書ビブリオムジカ)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 7. ピアノ・ソナタ 第10番 Op.14-2 ト長調/Sonate für Klavier Nr.10 G-Dur Op.14-2 - ベートーヴェン - 旧来このソナタは《ホ長調ソナタ》Op.14-1と時期を交差して作曲されたと考えられていたが、近年ではこれが完成した直後から着手され、1799年夏頃に完成したと考えられている。 ページ数: 224. 大方の人にとっては、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタと言っても、《春》や《クロイツェル》くらいしか馴染みがないことだろう。この2曲以外でよく演奏されるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタといえば、「ハ短調」の『第7番』と軽快で親しみやすい『第8番』くらいではないだろうか。筆者も『第1番』や『第10番』のソナタを最後に演奏会で聴いたのがいつだったか、すぐには思い出すことができない。 いずれにせよ、生でベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタを全曲聴くには相当な努力 … ピアノソナタ第23番ヘ短調 作品57「熱情」はドイツの作曲家、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン が1805年に書き上げたピアノソナタです。今回の記事ではベートーヴェンの三大ピアノソナタと称される「熱情」の作曲の背景、楽章ごとの解説、おすすめの名盤と無料楽譜をyoutube動画を交 … 19番と20番は、「2つのやさしいソナタ(Deux Sonates Faciles)」として出版されました。 | ピアノ・ソナタ 第1番 Op.2-1 ヘ短調/Sonate für Klavier Nr.1 f-moll Op.2-1 - ベートーヴェン - ベートーヴェンはボン時代にネーフェに師事した成果として、既に《3つの選帝侯ソナタ》WoO.47を作曲、出版していたが、作品番号(Opus-Zahl)づけがなされる本格的なソナタの創作に着手したのは1792年に … ベートーヴェン ベートーヴェン ピアノソナタ 第20 番ト長調 op.49-2 第1楽章 Sonate für Klavier Nr.20 G-Dur Op.49-2 1st.mov. ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim, 1942年-) アルゼンチン出身の、ユダヤ人ピアニスト・指揮者(現在の国籍はイスラエル) 神童として名をはせ10代の頃からピアニストとして活躍すると、20代半ばからは指揮者としても活躍する。 パリ管弦楽団、シカゴ交響楽団、ベルリン・シュターツカペレの音楽監督なども歴任。 オペラ部門、室内楽部門、管弦楽曲部門、ソリスト部門、ベスト・クラシック部門などでグラミー賞を受賞。 ベートーヴェンのソナタの動画を集めました。ライブ演奏もあります。 ベートーヴェンピアノソナタ第29番の解説は こちら ピアノ・ソナタ 第19番 Op.49-1 ト短調/Sonate für Klavier Nr.19 g-moll Op.49-1 - ベートーヴェン - Op.49-2と同じく「やさしいソナタLeichte Sonate」の名がつけられており、両者はほぼ同時期に成立したと考えられる。出版順につけられたソナタの番号は「第19番」であるが、想定される成立時期は第3番と第4番 … isbnコード: 9784903951737. ベートーヴェン ピアノ・ソナタ全作品解説(音楽書) (叢書ビブリオムジカ) 出版社: アルテスパブリッシング. ベートーヴェンのソナタの動画を集めました。ライブ演奏もあります。 ベートーヴェンピアノソナタ第5番の解説は こちら 〔標準版ピアノ楽譜〕ベートーヴェン ピアノ・ソナタ集1 New Edition 解説付についての詳細。1941年以来、音楽を愛する皆様と共に雑誌、楽譜、書籍の出版社として歩んで参りました、株式会社音楽之友社のWEBページです。 ベートーヴェン ピアノソナタ 第29 番 ハンマークラヴィーア 変ロ長調 op.106 第3楽章 Sonate für Klavier Nr.29 “Hammerklavier” B-Dur Op.106 3rd.mov. ピアノ・ソナタ第1番、第2番、第3番 ヴィルヘルム・バックハウス(MQA/UHQCD) - ベートーヴェン(1770-1827)のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 クラシック音楽と歴史の解説。若き日のベートーヴェンのエピソード。『ピアノ・ソナタ 第1番 ヘ短調 作品2の1』の解説。 :ピアノ・ソナタ 第1番 Op.2-1 ヘ短調, Beethoven, Ludwig van:Sonate für Klavier Nr.1 f-moll Op.2-1, ベートーヴェンはボン時代にネーフェに師事した成果として、既に《3つの選帝侯ソナタ》WoO.47を作曲、出版していたが、作品番号(Opus-Zahl)づけがなされる本格的なソナタの創作に着手したのは1792年にヴィーンでハイドンに師事するようになってからのことである。1793年にハイドンがイギリスへの演奏旅行に出発すると、ベートーヴェンはおそらくボン時代から暖めていたであろう作品の創作に着手する。このソナタもそうしたものの1つで、第2楽章の主題が《ピアノ四重奏曲》WoO.36-3における第2楽章の主題から転用されている。, 全4楽章からなり、全楽章がヘ調に統一された構成はバロックの組曲の名残りを感じさせる。またヘ短調という調性の選択は、当時としては異例である。というのも、この時代におそらく用いられていたであろう「テンペラメント」という調律方法(現在の平均律とは異なる)では、調号が4つ以上の調性では響きの濁りが強くなるため、中間楽章の調性としては用いられても、主要楽章の調性としては用いないのが一般的であった。こうした点にも、ベートーヴェンの独創性の一端を垣間見ることができる。, 明瞭なアレグロ・ソナタ形式であるが、主題の調性選択に既に後年のベートーヴェンを予感させる試みがみてとれる。提示部と展開部+再現部がそれぞれ反復されるハイドンやモーツァルトのソナタによくみられる、古典的なソナタ形式である。, マンハイム・ジャンプと呼ばれる上行する主和音のアルペッジョと、下降する装飾的な音型、そして1拍目に休符を置くことで拍節感のズレを生み出す和音の刻みによって特徴づけられる主要主題に対し、属音上でなだらかに下降する副次主題は変イ長調である。主調のヘ短調に対し、変イ長調は短3度の関係にあり、一般的な近親調関係では平行調にあたる。, この後、主要主題の分散和音要素と副次主題の下降音型の要素をバス声部とソプラノ声部に共有するもう1つの副次主題が変イ長調であらわれた後、主要主題の変形によるコデッタが置かれ、変イ長調に終止する。, 展開部ではまず主要主題の要素が変イ長調であらわれ、増6の和音を介して変ロ短調へ転調する。下降する副次主題がゼクエンツ風に繰り返され、変ロ短調からハ短調を経由し、変イ長調に転調すると、提示部にはみられなかった楽想が経過的に挿入される。, 装飾音型に導かれて主要主題が再現するが、ここでは冒頭で提示された際と特徴的だった拍節のズレが修正されている。副次主題は共に主調のヘ短調で再現さる。, アダージョの緩叙楽章。付点八分音符+十六分音符のアウフタクトと6度(または3度)のオブリガートをともなう順次下降の主題が変奏されながら繰り返される。, 主調(ヘ長調)から平行調のニ短調、属調のハ長調をめぐり、ヘ長調へ回帰し、じょじょにターンによる装飾と短い音価による装飾が多用されてゆく変奏技法はモーツァルトを彷彿とさせる。, トリオとダ・カーポを有する典型的なメヌエットだが、調性は第1楽章と同じヘ短調である。6度(および3度)の響きを基調とする仄暗い音響と、ユニゾンによる強奏が対比的に置かれている。, トリオは同主調のヘ長調に転調し、2声および3声の幾分自由な転回可能対位法を用いた楽想が反復される。, プレスティッシモのフィナーレは、前半(提示部)と後半(展開部+再現部)がそれぞれ反復されるロンド・ソナタ形式(A-B-A-B-C-A-B-C-A-B)。, 三連音符の分散和音上に和音が刻み付けられる主要主題によって開始される。主要主題はこのp(ピアノ)とf(フォルテ)の対比によって特徴付けられる和音動機と、これとは対照的な同音反復と4度跳躍を特徴にもつ3声部書法による動機からなっている。, 副次主題は属調のハ短調で提示される。このオクターヴ順次下降する副次主題でも三連音符の分散和音が背景となっている。コーダは主要主題の上下(三連音符の伴奏と和音動機の配置)が転回された形で形成される。, 展開部はまず変イ長調で新たな主題が提示される。1拍目に休符を置く和音の刻みによる伴奏形は第1楽章の主要主題に通じている。この主題がオクターヴ化されるなどして繰り返されたのち、主要主題の三連音符をともなった和音動機が断片的にあらわれ、これに導かれるように再現部に至る。このブリッジ手法も第1楽章と通じているとみてよいだろう。, 総演奏時間:4分00秒  音楽的な表現を促す運指はベートーヴェン ピアノ・ソナタを全曲収録している東京藝術大学教授の迫 昭嘉によるもの。 全32曲を3冊に分け、第1巻には《悲愴》を含むピアノ・ソナタ第1番~11番(op.2~22)を収録した。

パナソニック テレビ 画質調整, 横浜 ランチ ホテル, 彼氏できるか 2020 タロット, 移動販売車 中古 ピザ, マキタ 掃除機 通販生活 修理, 漫画おすすめ 2019 完結, 文学賞 最終選考 連絡, 5ch ベストアニメランキング 2017, 年収 250万 家, ガンバの大冒険 ノロイ 最後,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *